注文住宅の概要

注文住宅とは何なのか

注文住宅とは、依頼者が、間取りや設備などの住宅に関することを自由に決めることができる住宅のことです。建売住宅の場合は、完成したものを購入することになるため間取りなどを自由に決めることはできませんが、注文住宅では、住宅に関わる全て、または一部について自由に選ぶことができます。そして注文住宅には、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2種類のタイプが存在します。フルオーダー住宅は、使用する木材を始めとした住宅に関する全てのことを依頼者が指定することができるタイプになります。一方のセミオーダー住宅の場合は、基本的な仕様はあらかじめ決まっているものの、間取りや住宅設備などを依頼者が自由に決めることが可能です。

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅のメリットは、何と言っても「自分の理想に近い家を建てられる」ということでしょう。よりこだわりが強い場合はフルオーダー住宅がおすすめですが、セミオーダー住宅の場合でも、間取りなどに依頼者の要望を反映させることが可能です。その他にも、「建築中の現場をチェックできるので手抜き工事を防げる」ということもメリットだと言えます。一方のデメリットは、計画の段階で要望が増えることが多く「予算がオーバーしやすくなる」ということが挙げられます。そのため、どこを優先するかを決めるなどして、予算調整をすることも必要でしょう。その他にも、自分で決めなければならないことが多いのでその手間がかかってしまうことや、家を一からつくり始めることになるため入居するまでに時間がかかることもデメリットです。