注文住宅はデザインの自由度が高い

建売住宅では満足できないご家族におススメ

建売住宅の場合、より多くの方々に受け入れられるよう、無難にまとめられているデザインが主流を占めています。少しでも早い成約を主目的とする販売業者側とすれば、これは当然のことですが、こだわりのマイホームを望む方々にとっては、その点が物足りなく感じられるのも事実です。より個性的な外観、機能性を追求した生活動線、家族のライフスタイルにジャストフィットした物件を、販売中の建売住宅の中から探し出す作業は容易ではありません。

対して注文住宅は設計段階のさらに手前の、イメージを描く段階から、専門業者と二人三脚で作業を進められる、オーダーメードの家造りが可能です。とりわけ斬新かつ個性的なデザインを具現化したい、一般的な建売住宅はイメージとは違うなど、我が家に対する強いこだわりをお持ちの方々に好評です。

デザイン最優先に潜むリスクに注意

注文住宅のデザインを考える作業もまた、施主だからこその特権と言えるでしょう。ここで大切なのが、家族全員であれこれアイデアを出し合い、業者の提案やアドバイスにキチンと耳を傾ける姿勢です。あれこれとこだわりのアイデアを全部詰め込んでしまうと、肝心の居住性がお留守となってしまい、パビリオンのような落ち着かない家となってしまうリスクが想定されます。また外観に関しても、周辺の景観とアンバランスな、不自然に際立ったデザインを採用してしまった場合、ご近所との円滑なお付き合いに悪影響が生じないとも限りません。

こうしたリスクを回避するためにも、業者側の担当者の助言や提案にしっかり耳を傾け、柔軟に自分たちの希望を修正する姿勢が大切です。信頼できる業者であれば、完成した注文住宅でご家族が新生活をスタートさせた後にも着目した、長く快適に住み続けられる家造りをサポートしてくれます。