注文住宅の費用相場について

注文住宅の相場は、使用する素材によっても違ってくる

お子様や配偶者などの家族が増えたので、信頼できるハウスメーカーや工務店に依頼して、注文住宅を建てたい人が多いです。注文住宅は建売とは違って、自由度が高く、家族構成に応じた間取りにすることが出来ます。注文住宅の費用の相場はどれぐらいなのか、知っておく必要があります。使用する屋根材や壁材、床材などの種類によっても、多少は料金が違ってきます。都心の場合は、地方に比べると土地の値段が高いので、3LDKや4LDKぐらいの広さの場合は、4000万円から、5000万円前後です。地方や農村部などの場合は、2500万円から、3500万円前後が平均的な相場になっています。和室の部屋を作る場合や和風の建物にする場合は、材料費が高くなりがちですから、工事費が上がることが多いです。

大体の予算を決めておくと、希望に合った家造りができる

注文住宅を建てるのは、一生に何度も経験することではないので、納得が行くまで打ち合わせをすることが大事です。事前に大体の予算を決めておくと、希望に合った家造りが出来ます。鉄筋コンクリート製の住宅にする場合と、自然素材を使用した木造建築の家でも、平均的な相場は違ってきます。家族が4人から、5人ぐらいのご家庭の場合は、3000万円から、5000万円ぐらいが平均的な相場です。災害時でも安心して暮らせるように、耐震性や耐火性に優れた製法で建ててもらうことが大事です。地元で人気の高いハウスメーカーや工務店を選ぶと、独自のルートで仕入れを行っているので、適正な金額で施工を行っています。洋間だけの部屋の場合は、費用を抑えることが出来ます。